BLOG

照明を考える③演色性、RA値

照明シリーズ最後となりました~。

第一弾→あかるさを選ぶ

第二弾→色温度を選ぶ

 

 

照明(光源?電球?)を選ぶとき、

明るさと色をまず考えると思います。

が、もうひとつ!

これも考慮したらさらにグレードアップ的な。

そんな指数があるのです。

それが、RA値!

 

演色性を示す、演色評価数というものですが。

そもそも演色性とはなんぞや、、、

これは説明が難しいのですが

実際の色にどれくらい近いか!って感じ??

 

例を挙げてみた方がわかりやすいかも。

 

RAの最高値は100。

これは、「自然光」です。

昼間の自然光って一番そのものの色で見えますよね。

写真もキレイに映るし、メイクもしやすい。

これが一番良い状態とします。

反対に、すご~~く低いのは

トンネルのナトリウムランプとか。

トンネルの中って、ぜんぜん違う色に見えますよね。

これが、「演色性の低い」状態。

 

つまり、

「RA値」が100に近いほど、

自然光に近い見え方ができるわけです。

(画像は大光電機から。右の方がRAが高く、自然な色に見える)

 

住宅等の、屋内照明では

RA値80以上、が推奨されています。

会社の賃貸アパートには、RA82のダウンライトをつけています。

 

だがしかし!!

最近では、高演色の照明器具が増えてきたっ

Amazonでも電球を選ぶときにちょっと意識するだけで

お値段あまり変わらずに質の良い商品を買う事ができます!

 

有名なメーカーの商品でいえば、

ダイコーの「ときめき」シリーズ。RA96

パナソニックの「美ルック」シリーズ。RA90以上

とか。

(画像は大光電機から)

 

RAが高い商品を選ぶと、

室内の光の質が上がり、

人の肌やアートや食べ物など

すべてがワンランク上の見え方になる!

ということ!

これはぜひ意識したい。

 

実際にこの差を体験したい方は

パナソニックやダイコーのショールームへGO~

 

 

一覧に戻る