information

ヴィンテージ食器 ミルクガラスの話

2017/03/07

こんにちは。

営業のトドキです。

 

唐突ですが、

 

ミルクガラス、って聞いたことがあるでしょうか?

m3

1900年代にアメリカで製造されていたガラス製の食器です。

乳白色のぽってりした風合い、

絶妙な透け感とやわらかな質感がとっても魅力的。

もともとレストランや一般家庭向けに

大量生産されていたテーブルウェアでしたが

当時のものは人気がありコレクターも多いので今では高値で取引されています。

私もこれが大好きで、一時期集めていたことがありました。

 

有名なメーカー・ブランドは

アンカーホッキング社のファイヤーキング、

コーニング社のパイレックス、

マッキー社、ジャネット社のグラスベイク、などなど。

他にもいくつかの会社が製造・販売していました。

 

ファイヤーキングブランドのティーカップとソーサー

※画像お借りしています。出典ウィキペディア

 

上の写真はファイヤーキングのカップとソーサーです。

この色、ジェダイはミルクガラスの中で定番&一番人気!

昨年、100円ショップのセリアも、

このファイヤーキング風の食器(ただしプラスチック製)を発売していて

まだまだ人気なのか!と驚いた覚えがあります。

 

 

m6

m2

 

こんな感じのプリント柄の食器もたくさん。

m5

m1

 

ちょっとおもちゃっぽい雰囲気とレトロなデザインが素敵。

緑色の(ジェダイの)カップ以外は

私が7~8年前に撮った写真ですが、久しぶりにみると

やっぱりかわいいな~!笑

 

その雰囲気からして、

雑貨屋さんのようなおもちゃ屋さんのようなイメージを持たれがちですが、

大人っぽいアメリカンテイストなインテリアや

辛口なアメリカンヴィンテージ風のインテリアに合わせるのもいいなあと思います。

もちろん、ナチュラルテイストやカフェ風のダイニングにも似合いますよね!

 

 

と、ようやく住宅に関係することを言えたので(?)これでおしまいにします。