BLOG

目標達成のためには 段取り!? 5/50

目標達成

できれば

いややらなければ

今日は「伊庭さん」のYouTubeから

目標達成のための大事なポイントをご紹介

 

1)達成日を決める

 

日付を決めてその横に達成日を書く

それは会社が決めた締め切りではなく

自分で決めた締め切り

 

⇒となると

達成日から逆算してスケジュールを決める

逆算思考

 

頑張れば達成する?⇒それはしんどい

逆算にするとオートマチック?

2)バッファを設ける

 

バッファとはゆとりのこと

 

手帳に締め切りを書く前にゆとりを設ける

会社が決めた設けた期日が12か月ごとなら

自分の計画は

余裕をもって10カ月とする

 

人は目標に合わせて計画を組む

意外と前倒しは可能

 

⇒2カ月余裕があると

 

翌期の仕事を前倒しで始めることができる

⇒これが好循環につながる

 

3)期初の段階で達成のシナリオを作る

顧客名簿と売り上げ予測額を書く

目標と数字を照らし合わせて

不足額を確認

 

⇒提案額を上乗せ書き出していく

200社なら200社書く

そこから期初のあいさつに向かう

 

そんなシナリオ考えられない

⇒だったら持っていきたい提案(妄想)でいい

 

4)読み込めない数字の3倍の提案を立てる

 

3社あれば1社決まる

 

という確率で考える

だから3倍

 

⇒ここでも妄想が必要

トップセールスはぶっ飛んでる

常識を超えた提案を考えている

 

例)勉強会を企画して一網打尽

 

3倍の提案を考えるには

普通のやり方ではだめ

 

経験則以上の発想が生まれる

 

 

5)リスクマネージメント

をしっかりとしているか?

 

想定されるリスクをしっかり考えに入れる

 

楽観的に構想し悲観的に計画し楽観的に行動する

 

「もしこうなったら」と考え

 

そこにあらかじめ予防策を用意する

考えられる

リスク

 

に対して前もって予防策を書き込む

 

人によっては事後対策まで考え

準備しておく

 

6)日々の計画に落とし込む

一か月でどれくらいの商談をするか

を日々の計画に落とし込んでいく

 

提案額

商談数

 

をしっかり毎日の計画で管理する

 

 

まとめ

 

1)期日と金額の正確な目標をたてる

 

2)目標と金額にはバッファ余裕を持つ

 

提案額がポイント

取りたい金額の3倍の提案をする

 

そのためには

 

思いもよらないアイデアが必要

 

3)毎日の行動計画に数字で落とし込む

 

⇒顧客が考える予想以上の提案をする

そのあたりに面白さがある

 

 

 

 

一覧に戻る