information

ジブリの森、また行きたいなあ。

2019/02/01

写真 2019-01-14 13 47 07

もう2月になってしまったので、先月のことになりますが…

はじめて、三鷹の森ジブリ美術館へ行った話。(→

こちらは建物内撮影禁止なので、外の雰囲気だけ少し写真に残しました。

もうとにかくいろんなテイストがミックスされていて個性がすごい。

でもその独特の世界観がすごく楽しいです。

001

パンフレットにのっていたマップ(?)。

立体的な配置と迷路のようなつくりだから、こういう断面の図の方がわかりやすい!

そして、これ、宮崎駿先生直筆です。正直一番感激した。笑

建物完成前に書いたイメージの図のようです。

 

建物の内部は、カラフルな外観とは変わってシックな雰囲気。

簡単に表すと、イギリスのクラッシック調がベースな感じ。

そして何より、ステンドグラスが見ものです!

開口部や室内の装飾でステンドグラスが多用されているのですが、

それが一枚一枚違っていて、とても素敵なのです。

 

天井が吹き抜けて開放的な部分と、奥まった”籠り”感のある部屋と、

それが混在している雰囲気も良くて、

ぐるぐる歩きまわっても飽きない、おもしろい配置でした。

実際、「帰ろうか~」となってから、

「あ!ここにこんな部屋があった!」みたいに見つけることも多かった。

 

展示も興味深かったです。

私が行ったときの企画展示は「映画を塗る仕事展」ということで

色をつける工程をクローズアップしていました。

色にとことんこだわった、ジブリ。手作業で、専門で塗っていた人たち。

すごい世界でした…。

今までも、映画を見て森や植物や自然の描写に特に感動していたけど、

その背景を少し知ることができて、また見方が変わりそうです。

 

写真 2019-01-13 19 25 52

でーん。

屋上にはこの方がいらっしゃいました。

ラピュタの石碑(?)みたいなものがあったので

思わずみんなで手をかざして「バルス!!」と言ったけど、

考えてみたらあれはバルスのシーンじゃなくて、

「人がゴミのようだ」とムスカが言うとこだった。

というのを今思い出しました…やっちまった~。

また行きたいなあ。(やり直したい。)