information

横須賀美術館でモダンアートを見てきた  50/50

2018/10/31

横須賀美術館

 

というと

 

観音崎のとても景色のいい場所にある

 

美術館

 

その前を毎日昼時に

 

車で通っているのだが

 

モダンアート再訪との看板

 

ずっと気になってきたので

 

我慢できずに見てきた

 

 

 

まずチケット売り場で

 

チケットを購入し右に向かって

 

進んでいくと

 

早速

 

展示場の1

 

その真ん前に

 

一番見たかった

 

ダリの絵

 

ポルトリガドの聖母

 

中学校の美術の時間に本で見ていたが

 

ポルトリガドの聖母

 

 

実物は想像以上にでかい

 

そして

 

その奇抜な題材

 

シュルリアリズムどくとくのありえない世界を描いているのだが

 

絵のトーンそして全体の構図が実に調和がとれていて

 

心が落ち着く絵

 

やはりダリは只者ではない

 

ダリの絵の右側には

 

ミロの絵が

 

いきなり入口で

 

巨匠の絵が2枚

 

インパクトがすごい

 

少し進むと

 

日本の藤田嗣治の裸婦の絵

 

藤田嗣治というと戦争の絵の印象が強かっただけに

 

なんとも繊細なタッチと色使いにおもわず見入ってしまう

 

第二展示場には

 

いまをときめく草間彌生の作品が

 

その横には

 

アンディウォーホルのエルビス

 

そしてリキテンシュタイン

 

リキテンシュタインというと

 

アメコミを美術にした絵で有名で

 

なんてことないと思っていたが

 

実に力がある

 

本物を見なければだめだ・・・

 

そして

 

第三展示室には現代のモダンアートが

 

やなぎみわという女性が描いた

 

エレベーターガールの絵が面白い

 

やなぎみわ

 

 

なかなかに見ごたえのある展示

 

アートに触れることは

 

実はすごい

 

心に影響がある

 

やっと最近

 

少しずつわかってきた

 

11月4日までらしいのでお早めに!!